ニキビケア方法



生理とニキビ



 生理前にニキビが悪化したり増えたりする女性はとても多いようです。
 これは体質というよりも、生理によるホルモンの働きが作用して起こるものです。

 女性の体内には「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」という2種類の女性ホルモンが存在しています。
 そのうち、ニキビの形成に関わるのは黄体ホルモンです。
 黄体ホルモンは、生理の2週間前に起こる排卵から生理が始まるまでの間分泌され続け、生理の開始とともに減少します。
 黄体ホルモンが皮脂の分泌を促し、ニキビができやすい肌環境を作ってしまうのです。

 思春期で初潮を迎えて間もない女性は、ホルモンバランスも上手くコントロールできず、生理周期も安定です。
 その為、余計にニキビができやすくなってしまいます。

 生理の始まる頃に、食事内容に気を配り、皮脂の分泌を抑える栄養素を含む食品をメニューに取り入れると、生理前のニキビを改善する効果が期待できるでしょう。
 たとえば、ビタミンB2が多く含まれる豚肉、ウナギ、レバー等の動物性食品、ビタミンB5が多く含まれる味噌や豆腐、玄米納豆等の大豆食品等です。
 乳製品には、ビタミンB2とB5の両方が豊富に含まれているので特にオススメです。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.