ニキビケア方法



ピルとニキビとの関係



 ピルは経口避妊薬です。
 服用することで生理周期をコントロールし、子宮内膜の増殖と排卵を抑制して避妊効果を得るものです。
 避妊の方法としては、服用法を誤らなければほぼ100%妊娠を避けることができるといわれています。
 このピル(低用量ピル)をニキビ治療に利用する方法が、近年各医療機関で採用されています。

 低用量ピルによるニキビ治療が高い効果を示すのは、ホルモンバランスの崩れによってニキビがひどくなるタイプの方に対する投与です。
 生理が近くなると、男性ホルモンが増えて皮脂の分泌が過剰になり、口の周りやアゴ、フェイスラインにニキビができやすいといった方は、低用量ピルによる治療が効果的です。

 低用量ピルを使ったニキビ治療は、20歳以上の女性に限定されています。
 さらに35歳以上の喫煙者や高血圧の方等、投与することができない条件も色々と定められています。
 また、投与を受ける際にも定期的に検査を受け、効果と副作用の有無を確認する必要があります。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.