ニキビケア方法



ビタミンK



 ビタミンKの効果として最も知られているのは、血を凝固させる働きです。
 血液を固めるプロトロビンという物質の生成を助け、ケガ等をした場合にも血を固めて早く出血を止める働きをします。

 また、ビタミンKには、骨からカルシウムが出ていくのを抑える働きもあり、丈夫な骨を維持する効果が期待できることから、骨粗鬆症の予防や治療にも用いられています。
 そしてさらに、ニキビの原因となるアクネ菌を活性酸素を抑制する働きも持つことがわかっています。

 ビタミンKが欠乏すると、血がいつまでも止まらなかったり、軽くどこかにぶつけただけですぐにアザになったり、女性の場合には出血量が増えたりします。

 ビタミンKは体内で腸内細菌によっても生成されますが、抗生物質の投与を長期間続けているような場合には生成量が減少する為、外からサプリメントや食品等で摂取する必要があります。

 ビタミンKは、明日葉やカブの葉、豆苗、納豆等に多く含まれています。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.