ニキビケア方法



ビタミンC誘導体



 ビタミンC誘導体は、ビタミンCより粒子が細かくして浸透性を高め、さらに成分を安定させて酸化しにくくした成分で、脂溶性と水溶性とがあります。

 ビタミンC誘導体によって得られる効果は様々です。
 ニキビの原因となる活性酸素を取り除き、皮脂の過剰分泌を抑制します。
 また、メラニンの生成を抑える為、ニキビ跡の色素沈着を起こりにくくします。
 さらにコラーゲンの生成を促す為、へこんだニキビ跡の改善にも効果的です。

 ビタミンC誘導体は、化粧水等の成分として配合されいるものです。
 洗顔後に使用しますが、さらに効果を高める為には塗った後に顔にラップをかぶせてしばらくおくという方法もオススメです。

 そしてさらに浸透させたいという場合には、イオン導入器を使用します。
 肌に微量の電流を流してイオン化させたビタミンC誘導体を肌に浸透させた場合、化粧水のように塗った場合の50倍から100倍の浸透力があるとされています。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.