ニキビケア方法



ビタミンA誘導体



 シワやニキビの治療に効果がある医薬品として使われるレチノイン酸は、別名をトレチノインともいうビタミンAの誘導体です。

 レチノイン酸の使用により得られる効果には様々なものがあります。
 皮脂の過剰な分泌を抑えて排出を促し、保湿に重要なコラーゲンの生成や、ヒアルロン酸の分泌を促し、皮膚の代謝機能(ターンオーバー)を早める等の効果が確認されています。

 こうしてみると、レチノイン酸はニキビ肌にとっては嬉しい効果ばかりですが、その反面注意するべき副作用もあります。
 レチノイン酸はクリームに配合されていますが、使用によって角質層が薄くなることがあり、紫外線などの外的なダメージを受けやすくなったり、炎症を起こしたりする場合があります。
 その為、元々皮膚の薄い唇や粘膜等への使用は避けた方が良いでしょう。
 また、妊婦の使用は催奇性がある為に控えた方が良いとされています。

 このように効果が認められている反面、副作用が強いこともあるレチノイン酸の使用は、専門医の処方に従って正しく使用する必要があります。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.