ニキビケア方法



寝つけない時は?



 眠ろうとしてもなかなか寝付けない時というのは誰にでもあるものです。
 心配なことがあったり、逆に翌日に楽しいことが待っていてワクワクして眠れなかったりと理由は様々ですが、眠れない時には意識的眠ろうとするほど目がさえてしまうものです。
 そういった時にはどうすればよいでしょうか。

 眠ろうとしても眠れないと「寝坊するんじゃないか」などという気持ちから焦りがでて、その焦りがさらに精神的に興奮状態を招き逆効果です。
 しばらく横になっていても眠れない時には、一度起き上がってゆったりとした音楽をかけるなどして気持ちを切替えてみましょう。
 気持ちがリラックスしてくると、それで眠気がおこるかもしれません。

 お腹が空いて眠れないという時は、ミルクを温めて飲んでみましょう。
 お腹が少し落ち着くのと同時に身体が温まるので快眠効果があります。
 また、リラックス効果のあるハーブティを飲むのもオススメです。

 眠れないからといってお酒の力を借りる人がいますが、これはオススメできません。
 一時的には眠れますが、緊張を和らげる作用は長く続かず、アルコールが抜けてくれば中途半端な時間に目が覚めてしまうこともあります。
 また、寝酒がクセになってしまうと、次第に量が増えて依存してしまう場合もある為、注意が必要です。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.