ニキビケア方法



トレチノイン療法



 アンチエイジングや美白効果を謳った化粧品によく配合されている成分にレチノールがあります。
 レチノールはビタミンA誘導体で、皮脂の過剰な分泌を抑える効果があり、コラーゲンの生成やヒアルロン酸の分泌促進、皮膚の代謝機能の向上等、たくさんの美肌効果を持つ成分です。

 同じビタミンA誘導体であるレチノイン酸は別名を「トレチノイン」といい、トレチノインを利用したニキビ治療を「トレチノイン療法」といいます。
 トレチノインを肌に塗ると、古い角質を溶かして毛穴の詰まりが解消され、それと同時に皮脂の可能分泌も抑制されます。

 トレチノインは人の血液の中にも存在するものなので、アレルギー反応等の心配はなく、その安全性は、認可基準がとても厳しいといわれているFDA(日本でいう厚生労働省)において認可されているほどです。
 アメリカでは、ニキビ治療の最もポピュラーな方法としてトレチノイン療法が採択されています。

 色素沈着のあるニキビ跡や、へこんだニキビ跡、盛上がったニキビ跡に効果があり、ハリのあるお肌になるトレチノイン療法は、ケミカルピーリングよりも効果が高いとされています。
 保険は適用されず、一度の施術に対しての費用はおよそ1万円程度です。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.