ニキビケア方法



抗生物質によるニキビ治療 〜外用薬〜



 ニキビの治療に用いる抗生物質には、内用薬の他に外用薬もあります。
 外用薬によるニキビ治療は、クリームやローションをニキビに塗ってアクネ菌を殺菌したり炎症を鎮めたりする方法です。
 ですが、ニキビの原因となるアクネ菌は、元々人の皮膚に存在する常在菌の為、絶滅させることはできません。
 つまり、内用薬と同様に、止めてしまうとまたニキビができてしまう可能性があるということになります。

 外用薬による抗生物質の使用は、効果の面では内用薬に勝てません。
 ですがその代わり、内用薬よりも副作用が起こる可能性は低いというメリットがあります。

 外服薬として使用する抗生物質の中で、ニキビ治療に有効であるとされているのは、リンコマイシン系、ニューロキシン系の抗生物質です。
 マクロライド系の抗生物質もありますが、ニキビ対する効果はほとんどないとされています。

 外用薬の抗生物質には、ゲルタイプやローションタイプ等、同じ薬剤であっても性状によって得られる効果に違いが出る場合があるという特徴があります。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.