ニキビケア方法



抗生物質によるニキビ治療 〜内用薬〜



 ニキビの治療法として、抗生物質も有効な方法といわれています。
 抗生物質によるニキビ治療にはいくつかの方法がありますが、そのうち内服薬によるニキビ治療についてのお話をします。

 抗生物質を内服すると、身体の内側からニキビの原因菌に働きかけてニキビを改善することになります。
 内側から殺菌する治療法は、方法としてはとても有効であるとされています。
 ですが、ニキビの原因となるアクネ菌は、元々人の皮膚に存在する常在菌の為、絶滅させることはできません。
 つまり、抗生物質の服用中は効果があっても、止めてしまうとまたニキビができてしまう可能性があるということになります。

 内服薬として使用する抗生物質の中で、特にニキビ治療に有効であるとされているのは、マクロライド系及びテトラサイクリン系の抗生物質です。
 この2つは抗炎症作用があるので、炎症が起こったニキビの悪化を防ぐ効果もあります。

 ですが、抗生物質を内服することに関してはデメリットもあります。
 たとえば、アクネ菌の殺菌と同時に身体に必要な腸内の善玉菌まで殺菌してしまい、胃腸が丈夫でない方の場合には下痢や便秘を起こす可能性があります。
 その為、抗生物質と併せて整腸剤を服用する等の対策をとる必要があります。

 また、長期に渡って抗生物質の服用を続けると、肝機能に障害が起こったり、めまいや発疹が出る等の副作用も報告されています。
 その為、抗生物質の内服は、長期的な治療目的で利用するよりも、症状が進行して次々にニキビが増えてしまうような状況をストップさせる為に短期間利用するといった方法をとる方が賢明といえるかもしれません。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.