ニキビケア方法



日焼け止めの選び方



 日焼け止めと一言でいっても様々な種類があります。
 肌質や利用条件等をきちんと考え、それに合ったものを正しく選び、使用することが重要です。
 ましてニキビがある場合には、刺激を与えないことを考えるのも大切な要素となります。

 日焼け止めは、UVBとUVAの防御、紫外線の防止という3つの点で様々なレベルの商品が市販されています。
 肌の弱い方向けに小さな子供でも使えるようなものや、長時間屋外にいる場合に向いているもの等、用途によって紫外線等をブロックするレベルが異なります。

 紫外線の防御指数は「SPF値」で表されます。
 ここでいう紫外線とはUVBのことで、最低値が2、最高値が50以上で「50+」と表記されています。
 SPF値が高いほどUVBを防御する力があるということになりますが、同時に肌にも負担を与える為、ニキビ肌に使う日焼け止めのSPF値は、30位が妥当でしょう。

 UVAの防御指数は「PA値」で表されます。
 最低値が+、最高値が+++と表記されています。
 これも高すぎるとニキビ肌には負担になる為、PA++のものを選ぶようにします。

 紫外線防止剤は、紫外線が肌に当らないように作用する「紫外線散乱剤」と紫外線を受けることで化学反応を起こし、紫外線を吸収する「紫外線吸収剤」とがあります。
 紫外線吸収剤は、肌に負担をかける場合があることが知られている為、ニキビ肌に使うことはオススメできません。
 その為、紫外線散乱剤を使った日焼け止めを選ぶようにしましょう。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.