ニキビケア方法



紫外線の種類 〜UVA〜



 UVA(A波)は、「近紫外線」とも呼ばれ、紫外線の中で最も波長の長いものです。
 以前までUVAは可視光線に最も近い性質を持つことから、人体には大きな影響を与えないといわれていたようです。
 ですが、その後の研究によって、実はUVAは人の皮膚に大きくダメージを与えるものであることがわかったのです。

 UVAは家の中にいても窓ガラスを通過して肌まで届きます。
 また、日が射していない曇りの日でも関係ありません。
 UVAは受けた後すぐにダメージが現れることはありませんが、少しずつ肌の奥で悪さをします。

 肌の適正な水分量を維持する為に必要なヒアルロン酸を分解し、肌を乾燥させてしまったり、真皮の成分に作用して正常な機能を奪い、たるみやシワの原因を作るのもUVAです。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.