ニキビケア方法



ニキビと紫外線との関係



 紫外線と聞くと「シミ・ソバカスの原因」というのが、女性の方は一番に浮かぶイメージではないでしょうか。
 紫外線は、他にも皮膚ガンの原因になることもあり、皮膚にとっては嬉しい影響のないものです。
 そしてさらに紫外線は、ニキビとも深いつながりがあることが知られています。

 紫外線には、3つの種類があります。
 A波(UVA)とB波(UVB)、そしてC波(UVC)です。
 A波とB波は比較的よく聞くと思いますが、「C波なんてあるの?」という方は結構いるのではないでしょうか。
 これは、C波が地表に届く前にオゾン層に吸収されてしまい、人には何も影響を与えないものなので、なじみが浅いことが理由として挙げられるでしょう。

 残るA波とB波は、どちらもニキビに影響があります。
 肌が紫外線を浴びると、皮脂腺を排出する為の管が閉じてしまい皮脂の出口がなくなります。
 それと同時に角質層も厚くなってしまう為にさらに皮脂の排出が阻害され、毛穴に詰まってニキビを形成してしまうのです。

 外出の際には帽子をかぶったり、日傘をさしたりして紫外線からお肌を守りましょう。
 日焼け止めも効果的ですが、ただ厚塗りはかえってニキビに悪影響を及ぼすことを覚えておきましょう。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.