ニキビケア方法



原因は?



 背中ニキビができる原因は、大きく分けて汚れ、乾燥、角質の3つです。

 背中は手が回しにくいことから充分にケアがしにくく、汚れや汗が溜まりがちです。
 汚れや皮脂が溜まると毛穴が詰まり、背中ニキビの原因となります。

 また、皮脂は過剰に分泌されるとニキビの原因になりますが、その逆に分泌が少なくて肌が乾燥してしまってもニキビができてしまいます。
 皮脂は適度に分泌されている間は、汗や細胞の脂質などと混ざって、肌を雑菌などから守る保護膜を形成します。
 その為、皮脂の量が適量よりも少なくなると、代謝機能が衰えて古い角質がはがれ落ちずに残ってしまい、毛穴をふさいでしまうのです。

 水分量の不足や皮膚の汚れ、ストレスなども肌のターンオーバーのリズムを狂わせる原因となります。
 代謝機能が低下すると角質が硬くなって新しいキレイな角質にうまく入替わることができず、毛穴をふさぐ汚れとなってしまいニキビの原因となります。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.