ニキビケア方法



レチノイン酸



 レチノイン酸は、思春期ニキビから治りにくいとされる大人ニキビにまで効果を表す成分です。
 アメリカではニキビ薬として「Retin-A」という薬品が有名で、「ニキビの特効薬」といわれるほど効き目が高いことが知られています。

 レチノイン酸には、皮脂の分泌を抑制し、さらに肌の代謝機能(ターンオーバー)を促して不要な角栓や角質を除去する働きがあります。
 特効薬といわれるのもうなづける効果ですが、レチノイン酸には問題もあります。

 効果が高い反面、レチノール酸には使用すると皮がむけてしまう等の副作用が報告されています。
 また、動物実験での薬効確認の際に奇形が認められたという報告もあり、レチノール酸を使用する場合には、必ず避妊するよう注意が促されています。

 近年では、レチノールのこうした副作用を抑えた医薬品も開発はされていますが、日本では現時点においては使用されていません。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.