ニキビケア方法



セラミド



 セラミド(角質細胞間脂質)は、角質層が乾燥状態にならないように水分量を維持する働きをしている成分です。

 保湿効果を謳うオイルやクリームは様々にありますが、そういった化粧品には油分が含まれている為、皮脂が過剰になっているニキビ肌に使うことはオススメできません。
 オイルやクリームで水分を逃がさないようにするよりも、セラミドを補給するケアの方がニキビ肌には効果的とされています。

 また、セラミドが不足すると、お肌のバリア機能が損なわれる為に外的なダメージを受けやすくなります。
 ニキビの他にもアトピー等の様々なアレルギーの原因にもなるので、セラミドは積極的に補給する必要がある成分なのです。

 セラミドは、コンニャク、玄米、大豆、小麦、ほうれん草等に多く含まれています。
 また、ハトムギ、甘草、苦参(くじん)等の生薬には、セラミドの生成を促す作用があることがわかっています。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.