ニキビケア方法



亜鉛



 活性酸素は身体や肌を老化させ、様々な病気の原因になることでも知られています。
 この活性酸素を取り除く効果がある成分が亜鉛です。
 亜鉛には、ニキビの原因となる男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン」の分泌を抑制する働きもあるので、ニキビ対策には積極的に摂取したい成分です。

 また、亜鉛は人体の代謝機能に重要な役目を果たすたんぱく質の生成にも深く関わる成分です。
 亜鉛が欠乏すると、風邪をひくやすくなったり、抜け毛が増えたり、ケガをした時に傷の治りが遅くなったりし、シミやソバカス、肌荒れ等の肌トラブルも引き起こします。
 発育盛りの子供はもちろん、大人にとっても大切な栄養素になるので不足しないよう日々の食生活に取り入れましょう。
 スポーツをする人やアルコールを飲む機会が多い人は、通常以上に亜鉛を消費するので多目に摂取する必要があります。

 亜鉛は、カルシウムと一緒に摂取すると、ふたつが結合してしまって効果的に吸収できなくなります。
 逆にたんぱく質やビタミンCと併せて摂取すると吸収率がよくなります。
 亜鉛を多く含む食品は、鶏や豚のレバー、ウナギ、卵黄、カキ、納豆、きな粉、ゴマ、緑茶、豆腐等です。

 亜鉛は積極的に摂取したい栄養素ではありますが、ひとつ注意点があります。
 過度に摂取してしまうと銅や鉄分が不足したり、善玉コレステロールを減少させてしまう場合があります。
 その為、適量を考えて摂取することをオススメします。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.