ニキビケア方法



自宅でできるピーリング



 皮膚科や美容外科で受けるケミカルピーリングは、きちんとそれぞれの肌状態をチェックした後、数種類あるフルーツ酸の中からその人に最も適したものを選んで施術してくれます。
 また、PH値のことなども考えてくれますので安心して受けることができます。
 ですが、医療機関でのピーリングは決して費用の安いものではなく、場合によっては数十万かかってしまうこともあります。

 そこまで費用をかけられないという方の為にホームケアで手軽にできるピーリング石けんやピーリング用の洗顔フォームが市販されています。
 化学物質などが含まれていないものもありますので、自分に合ったものを探してみましょう。

 ピーリング用の洗顔石けんや洗顔フォームの使い方は、日常的にしている洗顔と大きな違いはありません。
 ぬるま湯で顔をよく濡らし、大まかな汚れを落としておいてから、石けんを充分に泡立てます。
 泡のキメが細かいほどしっかりと汚れを落とすことができますので、空気を入れながらしっかりと泡立てましょう。

 次におでこやアゴ等のニキビができやすいところ、つまり角質がたまっているところを中心に円を描くように泡でマッサージするように洗っていきます。
 この時にゴシゴシこすってしまうとお肌に傷がつくこともありますので、泡でなでるような感じにすることが重要です。
 また、皮膚の薄い唇や目の周りには極力泡をつけないようにします。

 汚れが気になる箇所は、はじめに泡をつけておいて2〜3分程度おいておくとしっかりと角質を取ることができます。
 あまり長い時間おいておくと、皮膚がヒリヒリする場合があるので注意しましょう。

 洗い終わった後はしっかりとすすぎます。
 泡が残っていると肌荒れの原因になりますので、髪の生え際も充分に洗い流しましょう。
 そして洗顔後は通常の洗顔よりも肌がデリケートになっている為、化粧水や美容液での保湿は念入りにして下さい。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.