ニキビケア方法



ケミカルピーリングのデメリット



 医療機関で施術を受けるケミカルピーリングには、いくつか注意が必要なことがあります。

 まずケミカルピーリングは、紫外線等の外的なダメージを受けないようにお肌を守る働きをする角質層を、わざと溶かしてはがすことになります。
 古い角質をはがした後には、もちろん新しい角質層が再生されますが、瞬時に作られるわけではない為、ピーリングをした直後の肌状態は非常にダメージを受けやすくなってしまいます。

 また、角質層を失ったお肌は、慌てて新たな角質層を作ろうとする為、細胞の大きさや配列がキレイに整わなかったり、バリア機能も弱いことがあります。
 さらに天然保湿成分やセラミド(細胞間の脂質)も不足していることが多く、潤いのない乾燥肌やダメージを受けやすい敏感肌になってしまう可能性も秘めています。

ケミカルピーリングは、美容法としては大変効果が高く評価できるものですが、メリットと併せてデメリットがあることも充分に把握し、正しい知識を持って行う必要があります。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.