ニキビケア方法



大人ニキビに効果アリ!



 大人ニキビができる原因の中で、栄養バランスの乱れは大きな原因のひとつです。
 バランスを考えた食生活を規則正しく送ることで体内環境が整えば、大人ニキビができやすい環境はかなり改善することができます。
 また、栄養のバランスを考えることで便秘も改善され、これも大人ニキビには良い影響を与えます。

 大人ニキビを作らない為の体内環境作りにとても有効であるとされている栄養分があります。
 それは、核酸、レシチン、ビタミンB群の3つです。

 核酸は貧血や便秘、偏食による栄養の偏りを正常な状態に整え、腸の代謝を活発にする作用がある他、肝臓に溜まった毒素の解毒作用もあることが知られています。
 核酸を摂取す時には、DNAとRNAを同時に摂取できるサプリメントを選ぶとさらに効果的です。

 レシチンは油物やコレステロールの高い食品を好んで摂取する為に大人ニキビが改善されない方にオススメの栄養素です。
 レシチンは大豆から抽出される栄養素で、摂取すると体内に蓄積された脂肪分を乳化してくれます。
 その為、濁った血液がサラサラになり健康と大人ニキビの両方に良い影響を与えます。

 ビタミンは肌に必要不可欠な栄養素であることを知っている方は多いと思います。
 ビタミンの中でもビタミンB群は、糖分や脂質の代謝を促す効果がある為、甘いものや油物をよく摂るような方は積極的に摂取を心がけたい栄養素です。
 ビタミンB群は、サプリメントが市販されている他、のりや豚肉レバー製品にも多く含まれています。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.