ニキビケア方法



原因は?



 大人ニキビができる原因には様々なものがあります。
 原因によって対処法も違うので、適切なケアを早めにするようにしましょう。

 大人ニキビの主な原因となるものには、以下のようなものがあります。

 ◆ 肌の乾燥
 肌が乾燥すると、肌が本来持っている代謝機能が乱れ、角質が厚くなります。
 角質が厚くなると皮脂が表皮に分泌されるのを妨げ、毛穴に詰まってニキビの原因となります。

 ◆ ストレス
 何等かの理由で身体的、精神的なストレスが溜まると、自律神経のうまく機能しなくなり、ホルモンバランスの乱れから肌も正常なターンオーバーができなくなります。
 また、ストレスによって皮脂腺を活発にするアンドロゲンという男性ホルモンが分泌されることもニキビができる原因となります。

 ◆ 睡眠不足
 肌の新陳代謝は、夜10時から2時までの4時間が最も活発に行われるとされています。
 この時間に眠らず睡眠不足が続くと、肌の代謝リズムが崩れ、古い角質がまだ残っているのに新しい角質が作られてしまい角質が厚くなります。
 すると皮脂は外に出ることができなくなり、毛穴に詰まってニキビの原因となります。

 ◆ 便秘
 女性の悩みになりがちな便秘も大人ニキビの原因となります。
 便秘になると、便によって排出されるべき毒素が体内に溜まり、血流にのって体内を巡った挙句に毛穴に出口を求めます。
 その時に毛穴に詰まった毒素が角質や皮脂汚れと同様にニキビを作ってしまいます。

 ◆ タバコ
 タバコを吸うと血管の収縮が起こり、血流が滞るのと同時に、肌の栄養分として大切な役割を持つビタミンCも消費してしまい、肌に必要な栄養が不足してしまいます。
 その為、肌の代謝が衰えニキビの原因となります。

 ◆ メイク
 近年は肌への影響を考えて、天然成分だけで作られた自然派コスメが多く開発されていますが、それでもまだ油分が含まれている化粧品は多くあります。
 化粧品に含まれる油分は、毛穴にフタをして皮脂が毛穴に詰まる原因となります。
 また、クレンジングが不十分だとメイクの汚れが残り、これも毛穴を詰まらせる原因となるので注意が必要です。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.