ニキビケア方法



へこんだニキビ跡



 ニキビ跡に比較的多くみられるのが、クレーターのようにへこんだニキビ跡で、「あばた」とも呼ばれるものです。
 このパターンのニキビ跡ができると、なかなかキレイに元には戻りませんが、それでもあきらめず気長にケアをしていけば改善することは可能です。

 へこんだニキビ跡ができる理由は、ニキビの炎症によって皮膚の受けたダメージが大きく、修復がしきれない為です。
 表皮だけであれば、ターンオーバーで1ヶ月もすれば改善されていきます。
 ですが、皮膚の細胞組織までダメージを受けてしまうと、元々皮膚が持つ代謝機能だけでは元の状態の肌に戻すことが困難になってしまうのです。

 へこんだニキビ跡を作らない為には、できたニキビを触ったり、気になるからと潰したりしないことです。
 ニキビを潰すと、そこから細菌が入り込み、炎症を起こしてさらに悪化させてしまいます。

 もしもへこんだニキビ跡ができてしまった場合、治療法として挙げられるのが「ケミカルピーリング」です。
 ケミカルピーリングは、できてしまったニキビ跡を改善するだけでなく、古い角質の除去もできる為、ニキビの予防法としても効果的です。
 美容外科などに出掛ける時間がなかなか取れないような場合には、ピーリング用の石鹸も市販されているので、試してみると良いでしょう。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.