ニキビケア方法



ニキビ肌のメイク法



 ニキビ肌の場合、キレイにメイクをしたい時には、ニキビに刺激を与える可能性の低い「ノンコメドジェニックテスト済」の化粧品を使うことをオススメします。
 刺激が少ない上にカバー力の高いものも最近ではいくつか出ているようですので探してみると良いでしょう。
 ここでニキビをしっかりカバーできるメイク術についてまとめみます。

 まず、メイク前には洗顔をし、化粧水と美容液を使って保水と保湿をします。
 何もせずにいきなりメイクするよりも、こうした方がメイクのノリがよくなってお肌にも良いので、ぜひ実践して下さい。

 日焼け止めは、メイク前に下地のようにして使います。
 まゆ毛の間とおでこ、頬、あごにのせ、顔の内側から外側に向けて均等にのばしていきます。

 ニキビに赤みがある時には、パウダータイプのコンシーラーをのせ、軽く叩くような感じでなじませます。
 赤みを隠したいがために、コンシーラーを多くのせすぎるのはNGです。
 かえって逆効果になり、ニキビが目立ってしまいます。

 最後にファンデーションを塗っていきます。
 厚塗りにならないように、顔の内側から外側に向けてのばしていきます。
 顔を縦に半分に分け、片側ずつ仕上げていくとキレイに仕上がります。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.