ニキビケア方法



CO2レーザー



 CO2レーザーは、美容外科等の医療機関で行われるニキビ跡の治療法としては代表的なものです。

 CO2レーザーに使用される気体レーザーは、炭酸ガスを利用したもので水に吸収されやすい特性を持っています。
 皮膚にCO2レーザーの赤外線を照射すると、皮膚の水分に反応して吸収され、皮膚の内部で熱を発して皮膚を焼き、ニキビ跡を気化させて取り除きます。
 CO2レーザーは、施術後にほてりや赤みが出ることがある為、1ヶ月から2ヶ月の期間をおいて2〜3回の施術を受けることでさらに効果が高まります。

 皮膚に対するダメージも少なく、傷跡が残る心配も少ないCO2レーザーは、ニキビ跡の治療の他にもほくろやイボの除去、しわ、シミの改善にも利用されています。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.