ニキビケア方法



当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)



 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は、血液循環を高める当帰(とうき)、消炎、抗菌、鎮痛、止血作用のある芍薬(しゃくやく)、中枢の抑制作用がある蒼朮(そうじゅつ)等の生薬で構成される漢方薬です。
 主に婦人科系の症状(血の道症)の緩和に効果を発揮します。

 全身を流れる気のバランスが崩れると、血液や水分の循環機能が低下し、むくみや腹痛、貧血、足腰の冷え等の症状が現れます。
 漢方では、肝臓が気の流れを司っていると考えられており、肝臓に栄養が足りないことでこのような症状が起こるとされています。
 そして、それらの症状を改善する効果がある漢方薬が当帰芍薬散なのです。

 当帰芍薬散は、冷え性や生理不順、貧血、肩こり、頭痛等の症状の緩和に効果があります。
 また、産前産後の女性にも効果的です。

 さらに当帰芍薬散は、栄養不足が原因でできるニキビにも効果があります。
 高い効果を示すニキビのタイプは、いつも同じ場所にでき、熱を持たないニキビ、赤みがないか、もしくは薄い褐色のニキビ、生理が終わる頃に悪化するニキビ等です。
 疲れが溜まってくると、お肌が乾燥しがちになりかゆくなったりニキビができたりするる方や、ニキビができると、ニキビ跡の色素沈着が残りやすいような方に向いている漢方薬です。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.