ニキビケア方法



漢方薬の基礎知識



 ニキビの改善は、正しい洗顔等によるケアや生活習慣の改善等が重要なポイントになります。
 ですがそうしたニキビケアをサポートできるような良いものがあれば..とお考えの方は、漢方薬を試してみてはいかがでしょうか。

 漢方薬は中国で古代から伝わるもので、生薬を2種類以上組合せて処方するものです。
 生薬には、植物の根や茎、花、葉等をはじめとして、鉱物や昆虫、菌類等も挙げられます。
 それらをどう組合せれば優れた薬効作用があるのかということは、漢方薬が生まれてから数千年の歳月をかけて培われてきた医学の知識の基に成立っています。

 臨床実験を繰り返しながら、少しでも副作用が出ないよう有害な成分が排除され、効能が高められてきた漢方薬には、西洋薬と比べて重大な副作用が起こる確率は低いといわれています。

 漢方薬は、主に体質を改善したり、病気を未然に防いだり、体調が悪いのに原因がわからないといった時に利用します。
 また、その他にも加齢に伴って起こる身体症状やアレルギー性の様々な疾患、生活習慣病等の改善にも効果的です。

 ニキビができる原因には、外的な要因もありますが、アレルギーや生活習慣、体質も大きく関係することから、改善に漢方薬を用いることは効果的といえます。
 漢方薬の処方は、利用する人の体質や肌質、ニキビの状態等を細かく問診し、その人の体内のリズムを正常に戻すのに最適と思われる処方がされます。
 その為、同じニキビ改善の目的であっても処方内容は人によって異なります。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.