ニキビケア方法



お肌の仕組み 〜表皮〜



 表皮はお肌を構成する組織の中で一番外側で様々なダメージから身体を守ってくれています。
 お肌は表皮と真皮、皮下組織の3つに大別されますが、ひとつひとつを取上げてみると、さらに細かく分類することができます。

 表皮を細かく分類すると、一番外側にあるのが角質層、その内側が顆粒層、そのまた内側が有棘(ゆうきょく)層、一番内側が基底層というように4つの層に分かれています。
 およそ0.2ミリの厚さとされる表皮がどれほど繊細な組織で成立っているかがわかりますね。

 表皮を構成するこの4つの組織の役割はどうなっているのでしょうか。
 一番外側にある角質層は、その内側の顆粒層とあわせて「角層」と呼ばれています。
 角層の役目はお肌の水分量を適切に保つことで、その機能を果たす為に皮脂腺で生成され皮膚の表面に分泌される皮脂によって皮脂膜を作る働きがあります。
 角層が適正に保たれているかどうかは、PH(ペーハー)値というものを測定することで判断することができます。
 正常とされるPH値は、およそ4.5〜6.5の間であるとされており、皮膚を清潔に保つことを疎かにしたりするとPH値が正常値を保てなくなってしまい肌荒れなどが起こる原因となってしまいます。

 有棘層は、いくつもの棘のような突起が外側にあることからこの名がつけられました。
 また、有棘細胞には複数の酵素が含まれていることから免疫細胞と深いつながりがあるとされ、「第二の肝臓」という呼び名もあります。

 もっとも内側の層になる基底層はお肌の細胞を新しく生成する為に絶えず細胞分裂が繰返されています。
 基底層で生成された皮膚細胞は内側の組織から徐々に一番外側の角質まで押し上げられ、一通りお肌の細胞が入替わるまでには28日かかるとされています。
 この28日周期で肌細胞が新しく入替わる仕組みが「ターンオーバー」です。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.