ニキビケア方法



効果的な角質ケア



 ニキビができにくくなる角質のケアの仕方について考えてみましょう。

 角質は、皮脂や角質細胞の脂質、汗などが混ざり合ってお肌の表面の保護膜となり、お肌にダメージを及ぼす様々な外敵をブロックしていることを先述しました。
 ダメージからお肌を守ってくれるのはとてもありがたいのですが、これは見方を変えれば、お肌の表面から内部に何かが入り込むことが難しい構造になっているともいえます。
 お肌の健康を阻害する細菌等を入れないだけでなく、健康を維持する為の栄養成分をも通しにくくしているのが、いわば角質のマイナスなところなのです。

 角質のケアには、肌質に合った洗顔をすることと、一定の周期で生れ変る新陳代謝がスムーズに行われ、古い角質が残らないように手助けをしてあげることが大切となります。
 角質は栄養成分も通しにくいといいましたが、粒子が小さい成分であれば浸透させることができます。
 その為、お肌に良いといわれるビタミンCを吸収させたい時には、ビタミンCよりもさらに粒子の小さくなった「ビタミンC誘導体」が配合された化粧水を選べば良いということになります。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.