ニキビケア方法



ホルモン療法の種類



 ホルモン療法に使われるホルモン剤にはいくつかの種類があります。
 その中のひとつとして挙げられるのが、低用量ピルを使ったホルモン療法です。

 ホルモン療法は、投与したホルモン剤がニキビの原因となる男性ホルモンや黄体ホルモンの分泌を抑える働きをしてニキビを改善します。
 低用量ピルによるホルモン療法では、黄体ホルモンの分泌を抑える効果が高い治療法です。
 低用量ピルにはいくつか種類がありますが、その中でホルモン療法で懸念される副作用の心配が少ないとされているのが「マーベロン」という薬剤です。

 低用量ピルを使ったホルモン療法には制限があり、他に疾患を持っていたりする場合には受けることができない場合があります。
 たとえば、以前に低用量ピルを服用して問題が起こった経験のある方や、乳がん、子宮がんを患っているか、あるいはその疑いのある方、35歳以上で喫煙をする方、糖尿病の方、高血圧の方、肝障害や肝腫瘍のある方等です。

 低用量ピルの使用については他にも利用が制限される条件があるので、希望をする場合には必ず現在の身体状態や過去にかかった病気、服用中の薬の情報等を正しく担当医に伝えることが重要です。

 低用量ピルの服用ができない方や低用量ピルでは効果が得られなかった方に対して用いられるホルモン剤は「スペロノラクトン」です。
 高血圧症等の治療にも用いる「アルダクトンA」等の薬剤を使って治療が行われます。
 この療法では、男性ホルモンの受け皿になる部分の働きを邪魔して男性ホルモンの活発化を抑え、ニキビを改善する効果が期待できます。

 ですが、この療法にも薬剤の使用を制限される条件があります。
 たとえば、高カリウム血症の方、副腎不全の方、腎臓に障害のある方、心疾患や動脈硬化症のある方等は投与を受けることができません。

 低用量ピルと同様に、必ず担当医に自身の身体状況や過去にかかった病気、服用中の薬の情報等を正しく伝えなければなりません。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.