ニキビケア方法



バジル



 バジルはイタリアンをはじめ様々な料理でなじみの深いハーブです。
 バジルと一言でいっても、実は100種類を超える品種があり、日本で一番なじみの深いのは、スイートバジルやレモンバジルでしょう。

 バジルには、内用、外用の両方で様々な薬効が認められています。
 内用での効能は、解熱作用、腹痛、偏頭痛、食欲不振、不眠、吐き気、倦怠感、疲労の緩和に効果があります。

 一方、外用では、虫刺されや皮膚の感染症の治療に効果があり、ニキビの改善にも効果的に作用します。
 また、ストレス性の肥満には、レモングラスとバジルを組合せると解消効果があるとされています。

 さらにバジルには、集中力をアップさせる効果や気分をスッキリとリフレッシュさせる作用もあります。
 その為、勉強や仕事に集中できない時や入浴時に使うアロマとしてはオススメです。

 バジルはローズマリーやカモミール、ラベンダー等、様々なハーブとブレンドさせても相性の良いものが多いハーブなので、お気に入りの組み合わせを見つけてみるのも良いですね。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.