ニキビケア方法



特殊な原因



 ニキビができる原因には、薬剤の使用によるものなど特殊なものもあります。

 ステロイド剤は、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患の治療に外用薬として用いられ、副作用が起こる危険性などが取上げられることもある薬剤です。
 ステロイド剤には免疫機能を抑える働きとともに、皮脂腺の活動を促す作用もあります。

 その為、長期間に渡って使用を続けると「ステロイド皮膚症」という副作用が現れることがあり、その中のひとつにニキビが挙げられているのです。
 ステロイド剤の使用による副作用でできたニキビは、普通のニキビ(尋常性座瘡)とは区別して「ステロイド座瘡」と呼ばれます。

 また、化学物質に皮膚が直接触れることでニキビができる場合もあります。
 化学物質との接触によって起こることから「接触座瘡」と呼ばれていますが、日常生活では扱わないような化学物質を扱うような仕事をしている方に起こる割合が高い為、「職業性座瘡」とも呼ばれています。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.