ニキビケア方法



紫外線



 紫外線はシミやソバカスの原因になるものとしてよくその名が挙げられるものですが、ニキビとも深いつながりがあります。
 毛穴に詰まった皮脂や汚れ、古い角質によってアクネ菌が増殖するとニキビが形成されますが、アクネ菌の分泌物が紫外線によって活性酸素を発生させ、ニキビを悪化させてしまう原因になることがあるのです。

 紫外線は夏だけでなく、一年を通じて注意をする必要があります。
 紫外線の量が多いとされる5月から6月、夏場の外出などは特に注意し、日焼け止め効果のあるクリームを使用するようにしましょう。

 日焼け止めクリームを使用する時には、塗りすぎに注意します。
 たくさん塗れば効果が増すということはなく、かえって塗りすぎによって毛穴に汚れとして残り、肌トラブルの原因となることもあります。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.