ニキビケア方法



顔ダニ



 ダニと聞くと、不潔にしている人だけにあるものと考える方もいるでしょうが、人の顔には「顔ダニ」と呼ばれるダニが生息しています。
 顔ダニは通称「ニキビダニ」とも呼ばれ、誰の顔にもいるダニなのです。

 顔ダニには、皮脂腺に生息しているものと毛根に生息しているものの2種類があります。体長はおよそ0.1〜0.4ミリと大変小さく、寿命も約3ヶ月と短い顔ダニですが、この3ヶ月の間に顔ダニのメスは、50個もの卵を産みます。
 1匹の顔ダニが50個の卵を産み、その卵から産まれた50匹顔ダニがそれぞれ50個の卵を産んでいくと、ほんの数ヶ月の間に顔ダニは途方もない数に増えていることになります。

 顔ダニの活動時間は、人が眠っている真夜中です。
 夜になると顔の表面に出てきて動き回り、死骸や排泄物を残してまた毛根や皮脂腺の中に帰っていきます。
 落しきれなかったメイク汚れなどが表皮に残っていると、それが顔ダニの手や足につき、皮膚の内部に持ち込まれることになります。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.