ニキビケア方法







 ニキビができやすい肌環境は、やはりなんといっても汚れが溜まってしまうことがきっかけとなります。
 肌に溜まった汗などの汚れや過剰に分泌された皮脂、古い角質を除去せずにいると、それらが毛穴をふさいでしまい、ニキビができてしまいます。

 角質ケアもニキビ予防には大きなポイントとなります。
 生活習慣の乱れ等が原因で肌の新陳代謝が正常に保たれなくなると、角質層が厚くなったりして毛穴に皮脂汚れが溜まりやすくなります。
 正常なターンオーバーを維持するには、生活習慣の見直しとピーリング石鹸等を使った古い角質除去が効果的です。

 また、肌の水分量が不足してくると、お肌が乾燥状態を察知して通常より皮脂を多く分泌し肌を外的なダメージから守ろうとします。
 皮脂量が増えるとニキビができやすくなる為、お肌の適正な水分量を保つことが大切になります。
 洗顔した後は保湿効果の高い美容液や化粧水で水分補給をするなどして肌の水分量が不足しないように注意しましょう。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.