ニキビケア方法



日焼けしてしまった時のケアの仕方は?



 紫外線はニキビができていないお肌にとっても大敵です。
 ニキビ肌の時には、帽子や日傘、日焼け止め等で紫外線対策をするのは必須です。
 ですが対策していたつもりでも日焼けしてしまう時もありますね。
 そんな時にはどのようなケアをするのが適切でしょうか。

 まず、日焼けはやけどと同じなので冷やすのが一番です。
 冷たく冷やした濡れタオル等を使って、お肌のほてり感がなくなるまでしっかりと冷やすことがポイントです。
 冷やすことによって紫外線によってお肌に起きた炎症を鎮める作用があり、お肌が受けた負担を軽くすることができます。

 また、ほてり感がおさまらない間は、できればメイク等はしない方が賢明です。
 洗顔などでもヒリヒリ感がある時は、洗顔料や化粧水等を使うのも控えた方が良いかもしれません。

 少しほてり感が鎮まってきたら、日焼けで乾燥してしまったお肌に充分な潤いを補給します。
 化粧水や美容液は、メラニン色素の生成を抑える効果と抗酸化作用のあるフラーレンやビタミンC誘導体、ハイドロキノン等の成分が配合されたものを使うのがオススメです。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.