ニキビケア方法



保水&保湿の重要性



 ニキビができている時だけに限らず、スキンケアは洗顔やクレンジングをしっかりと行えばそれでおしまいではありません。
 洗顔後に水分補給と保湿をしっかりするところまでできて、はじめてケアができているといえるのです。

 洗顔後、何もしないでそのままにしておくと、お肌がつっぱったような感じがすることがあります。
 これはお肌の水分が蒸発し、乾燥しているサインです。
 お肌が乾燥状態にあると身体が感じると、外からの細菌などのダメージを受けないようにブロックしようとして、乾燥を防ぐ為の皮脂が大量に分泌されます。
 皮脂量が増えると毛穴の詰まりの原因となり、せっかくしっかりと洗顔をしたにもかかわらずニキビのできやすい環境を作ってしまいます。

 洗顔の後に化粧水できちんと水分補給をしてあげると、過剰に皮脂が分泌されることはありません。
 また、美容液などで保湿を行うことで化粧水で補給した水分が守られ、さらに肌を外的なダメージからもガードしてくれます。
 適正な水分量を維持することで、お肌の代謝機能も正常に戻ります。






copyright(c) ニキビケア対策局
All Rights Reserved.